初学者からWebデザインの現場まで何度も読み返したい本7選

更新日 : 2021.06.28

初学者からWeb制作の現場まで何度も読み返したい書籍7選の画像
Share
0
6
18

Webデザインを学び始めた初学者の方や制作現場の本棚に置いておき、何度も読み返したいおすすめの本を7冊紹介します。やさしく基礎だけを教えるという内容ではなく、Webデザインの学び始めから現場まで長く参考にできる本を集めました。まだチェックしていないものがありましたらぜひ手にとってみてください。

豊富な作例で学ぶ Adobe XD Webデザイン入門の画像

豊富な作例で学ぶ Adobe XD Webデザイン入門

マイナビ出版

Adobe XDを学びたい人にはおすすめの1冊。基本的な操作から現場で使う技術まで分かりやすく解説されています。現役のデザイナーでありAdobe MAX Japanといったイベントへ登壇をされている方々の説明なので、情報の精度が高く、理解しておきたい技術がしっかりおさえられている。この1冊だけでAdobe XDというツールをしっかり理解できる内容になっていると思います。

Amazonの紹介文

■本書の特徴
□特徴1:はじめてのXDでもこの1冊で使いこなせるようになります!
XDにはじめて触れる方だけでなく、Adobeツールにはじめて触れる方でも最後まで学習できるように、やさしく丁寧に解説してあります。

□特徴2:豊富な作例で手軽にUIパーツ作成方法が学べる!
すぐに役立つXDの使い方を、豊富な作例で手軽に学べます。実際にXDに触れて、軽快にデザインできることを体験できます。

□特徴3:すぐに使えるワイヤーフレーム!
業種別、業態別のWebサイト制作を、現場のプロが丁寧に解説しました。解説に使用したワイヤーフレームもダウンロード特典として配布するので、すぐに実務に役立てることができます。

豊富な作例で学ぶ Adobe XD Webデザイン入門の画像

豊富な作例で学ぶ Adobe XD Webデザイン入門

出版社:マイナビ出版
単行本(ソフトカバー):240ページ

※記事投稿時の価格です。

動くWebデザインアイディア帳の画像

動くWebデザインアイディア帳

ソシム

Webサイトのアニメーション演出ならこちらがおすすめ。ここ数年の間で現場でよく使うjQueryとCSSのアニメーションが網羅されています。サンプルサイトを13サイトも用意されていて、実際にどのような場面で利用するのか、どのように実装するのかを知ることができます。

脱jQueryの方にはおすすめできませんが、これから学び初めの方にはこの1冊だけで今使えるなめらかなアニメーションが習得できるので、こちらでjQueryを身に着けてから他を見るのも良いかなと思います。

Amazonの紹介文

「サイトに動きをつける時、同じ内容を何回も検索をしてソースコードを探している」
「サイトで見つけたソースコードをそのままコピペしてみたけど、動かない」
「JavaScriptの本を購入してみたが、実際のサイトにどう組みこめばいいか具体的なイメージがわかない」
「動きの原理を最低限理解して、とにかく早く実務にいかしたい」

本書はWebサイトを動かすことが苦手な右脳系ウェブデザイナーが、サイトを動かす第1歩を踏み出すための「動きの逆引き事典」です。
近年のウェブサイトで使用されている基本的な動きの原理や仕組みをサンプルコードと共に紹介します。

動くWebデザインアイディア帳の画像

動くWebデザインアイディア帳

出版社 : ソシム
単行本 : 517ページ

※記事投稿時の価格です。

HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド【第2版】の画像

HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド

マイナビ出版

現在の仕様に基づいたHTMLとCSSの知識を学ぶことができます。現場ですぐ使える内容なので、コーディング中に迷った際何度も読み返したい1冊。ゼロから始める方には少々難しい内容かもしれません。基礎を学んだ方におすすめします。

Amazonの紹介文

フロントエンドエンジニアはじめ、Web制作に関わっている人のためのHTML5/CSS3ガイドブックです。
HTMLとCSSの最新仕様を整理するとともに、主要ブラウザの対応状況など、現時点でどのポイントに留意して制作を進めていけばよいか、現場で必要不可欠な情報を解説しています。
また、フレキシブルボックスレイアウトやグリッドレイアウトなど、現在知っておくべきHTML+CSSレイアウトの手法についても、詳細に解説しています。

—–
HTMLは標準仕様がW3C の手を離れ、WHATWG の「HTML Living Standard」に一本化されたことから、ブラウザ開発者目線での変更が直接反映される世界になっています。その影響は、JavaScript とセットになって活きてくるものが増えてきたことからも見て取れます。
CSSも、各種機能の追加や主要ブラウザでの対応が進んでいます。新しいEdge の登場により、IE が主要ブラウザから外れたのも大きいと言えるでしょう。使える便利な機能が増えていることで、Web のデザインやレイアウトの手法は大きく変わろうとしています。
そこで、本書では最新のHTMLとCSSを現状に即して1冊にまとめました。
(著者はじめにより)
—–

HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド【第2版】の画像

HTML5&CSS3デザイン 現場の新標準ガイド

出版社 : マイナビ出版
単行本(ソフトカバー) : 368ページ

※記事投稿時の価格です。

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまでの画像

Web制作者のためのUXデザインをはじめる本 ユーザビリティ評価からカスタマージャーニーマップまで

翔泳社

UXデザインを学びたい方はこちらがおすすめ。想定読者(ペルソナ)のためにUXデザインを体系的に説明されていて、実践に活かしやすい内容になっています。UXデザインと聞いただけで敬遠しがちな方でも理解しやすいので、タイトル通りに「Web制作者のためのUXデザインをはじめる本」としてピッタリの1冊です。

Amazonの紹介文

体験のデザインって、こういうことか!8ステップではじめるWebのUXデザイン!

本書は、実際に大手デジタルマーケティング会社でUXデザインを実践してきた執筆陣が、
Web制作者が知っておくべき、UXデザインの「基本」から
「ユーザビリティ評価」「プロトタイピング」「構造化シナリオ」「ユーザー調査」
「カスタマージャーニーマップ」「ユーザーモデリング」「組織導入」までを、
8つの章に分けて解説していきます。

実際に導入するためのテクニックや大小2つのプロジェクトのモデルケースを収録し、
理想論でなくあくまで現実的、実践的な方法を一冊にまとめました。

また、本書は想定読者として「白石由香」というWebデザイナーのペルソナを作り、
彼女に向けて書かれているので、臨場感をもって読み進めることができるはずです。

さらに、テンプレートもダウンロードできるので、理解するだけでなく、
すぐに試すこともできます。まさに、UXデザインの「現場叩き上げ」の教科書です。

レイアウト、基本のき の画像

レイアウト基本の「き」

グラフィック社

レイアウトの基礎を学びたい方におすすめしたい1冊です。「わかりやすく伝える」をテーマにレイアウトやデザインについて詳しく解説されています。レイアウトだけではなく書体や写真、イラスト、地図、グラフ、色など紙デザインの内容なので、Webデザイン作成時にもおさえておきたい内容が一通り網羅されています。

Amazonの紹介文

初歩的なレイアウトの基礎を、しっかりとした理論的な説明を元に、豊富な図案で説明している『レイアウト基本の「き」』を、間違えがちな文字組や約物の使い方、色や配色のテクニックを中心に内容を増補し、全面改訂。本書を読みこなした暁には、基本をしっかり押さえたレイアウトが、自分一人でできるようになります。

レイアウト、基本のき の画像

レイアウト基本の「き」

出版社 : グラフィック社
単行本(ソフトカバー) : 168ページ

※記事投稿時の価格です。

ロゴデザインの教科書 良質な見本から学べるすぐに使えるアイデア帳

SBクリエイティブ

550点以上の良質なロゴを眺められる書籍がこの価格で、というだけでもコスパ高い1冊。ロゴデザインについて簡易的ながら解説があり、そのデザインの意図を知ることができます。想いを視覚的に表現するロゴはデザインの中でも高度で、初学者には難しいもの。良いデザインからインスピレーションを常に刺激しておくことをおすすめします。

Amazonの紹介文

デザイン・ブランディング・商品開発…
ロゴデザインに関わるすべての人に役立つ!

「平凡なロゴ」を「印象に残るロゴ」に変える
知識とヒントがまるごとわかる!

【Special Interview】佐藤可士和氏 ロゴは伝えたい想いを凝縮させたコミュニケーションツール

ロゴ制作の基本から、展開の仕方まで、ずっと役立つ知識が詰まっている!

●本書の対象読者
・これからロゴデザインを学びたい人
・ロゴデザインの制作に自信が持てない人
・クライアントと打ち合わせをする際に方向性となる見本が欲しい人

優れたロゴが550点超!

ロゴデザインの教科書 良質な見本から学べるすぐに使えるアイデア帳の画像

ロゴデザインの教科書 良質な見本から学べるすぐに使えるアイデア帳

出版社 : SBクリエイティブ
単行本 : 208ページ

※記事投稿時の価格です。

著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本

ボーンデジタル

軽視しがちな著作権やライセンス、契約など権利に関することが学ぶことができます。クリエイター視点の内容で、制作する際に専門家に聞きたくなったことがある内容が分かりやすく解説されています。見積書や契約書のサンプルもついているので、それを参考に書類を用意できるのは嬉しい。クリエイターなら本棚に置いておくべき1冊と思います。

Amazonの紹介文

プロ・アマを問わずクリエイターやコンテンツ制作に従事する方が知っておかなければならない権利や法律について、具体的に「やっていいこととやってはいけないこと」「トラブルになってしまった時の対処方法」を紹介します。これまでの著作権関連の書籍のように、法律の解釈よりも、実務ベースで、よくあるケースごとにOKなのかNGなのかを「それぞれの部門のプロフェッショナル」が答えるものとします。

著作権トラブル解決のバイブル! クリエイターのための権利の本

出版社 : ボーンデジタル
本の長さ : 428ページ

※記事投稿時の価格です。

人気記事

  1. 【保存版】CSSのみのボタンデザイン!私が現場で使ってきたボタンアイデア30選の画像

    【保存版】CSSのみのボタンデザイン – 私が現場で使ってきたボタンアイデア30選

  2. 現場で使えるFlexboxレイアウト12選。実際に使ってきたレイアウトを紹介しますの画像

    現場で使えるFlexboxレイアウト12選。実際に使ってきたレイアウトを紹介します

  3. Web制作の現場で使えるWebサービス15選!無料で使えるサービスを集めてみた

    Web制作の現場で使えるWebサービス15選!無料で使えるサービスを集めてみた

  4. CSS見出しデザイン21スタイル - シンプルな見出しデザインをご紹介の画像

    CSS見出しデザイン21選。現場ですぐ使える見出しデザインをご紹介

  5. ボタンやテキストリンク、hoverスタイルをCSSのみで19パターン実装するの画像

    CSSのみで実装するボタン、テキストリンク、hoverスタイル19選