独学フリーランス必読!Web制作の前と後を学べる書籍8選

Share
1
52
10

Web制作はデザインやコーディングの知識だけでは成り立たず、制作前後にも重要な工程はたくさんあります。しかし、作り方にばかりフォーカスが当たり、契約や法律周りの情報、ディレクション、Web運用などの知識はおざなりにされがちなのが現状。そこで今回はWebサイト制作と、その前と後を学べる書籍を6冊紹介します。特に独学フリーランスは情報が抜けがちなので、これらの書籍から一通り知識を身につけておくことをおすすめします。

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb制作と運用の基本の画像

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb制作と運用の基本

SBクリエイティブ

Web制作に携わる上で知っておきたい情報が纏められた一冊。

作る知識を学ぶ人は多いけどWeb制作は作成の前と後が重要です。制作会社に入社したての人や独学で学んだ人は制作に必要な情報が抜けがちなので、一通り網羅された本書で学ぶといいと思います。

以前Twitterで本書についてつぶやいたところ、多くの方からおすすめのコメントをいただきました。購入前に参考にしてみてください。

Amazonの紹介文

企画、設計、デザインから、構築、集客、改善まで、Webサイトのことがこの1冊でわかる!
本書は、新しく企業内のWeb担当者になった方や、これからWeb制作にかかわる方を対象に、
・さまざまな専門用語の意味
・Webサイトを成り立たせる仕組み
・Webサイト設計、構築の考え方、進め方
・デザインの発注、ディレクション
・成果を上げる運用方法
などを、ゼロからわかりやすく解説する入門書です。

・そもそもWebサイトはどのように作られるのか?
・制作会社、開発会社を上手く使うにはどうすればよいのか?
・どのように運用すれば成果を出せるのか?

といった疑問がスッキリ解消!
数多のWebサイトの制作・運用に携わってきたプロが教える、Web制作入門書の決定版!

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb制作と運用の基本の画像

イラスト図解式 この一冊で全部わかるWeb制作と運用の基本

出版社:SBクリエイティブ
単行本(ソフトカバー):192ページ
現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書 改訂2版 の画像

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書【改訂2版】

マイナビ出版

Webサイトの分析から改善までを優しく解説された一冊。

ゴールやKPIの設計方法から、ECやLP、SNSなどのデータから問題の抽出、分析、改善の方法を学ぶ事ができます。分析から改善までを体系的に学べる本書はWeb担当者の手元に是非とも置いておきたい。Googleアナリティクスからのデータ抽出や外部ツールの活用については有益情報なので新人の方は必読です。

Amazonの紹介文

「Webサイトを運営しているけれど、いまいち伸ばせてない」
「そもそもどの方向にサイトを伸ばしていいかわからない」
「色々な施策を行っているけれど、それぞれの施策がつながっていない」

そんな悩みを持つ方は多いのではないでしょうか。
本書は、そんな方にとって助けとなるように、Webサイトを成長させるための主な施策とその分析方法、そして改善の考え方そのものを包括的にまとめた書籍です。

本書を読むことで、どのように自分のサイトのゴールを決めて、施策を打ち、分析し、改善をしていくかという一連の流れが分かるようになるでしょう。

※本書は2014年8月発行の『現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書』を改訂したものです。
改訂の内容は主に以下の通りです。

・各種Webサイトやツールの情報を最新に更新
・Chapter2にて、「オウンドメディア」「BtoCサイト」を追加
・自然検索やリスティング、広告などの仕組みを最新情報に更新
・ソーシャルメディアの情報を更新、InstagramやLinkedinを追加
・Googleアナリティクスの変更に伴う説明の修正
・Googleサーチコンソール、Googleタグマネージャの説明を追加

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書 改訂2版 の画像

現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書 改訂2版

出版社:マイナビ出版 改訂2版
単行本(ソフトカバー):352ページ
やりたいことからパッと引ける Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本 改訂版の画像

やりたいことからパッと引ける Googleアナリティクス分析・改善のすべてがわかる本 改訂版

ソーテック社

Googleアナリティクスの基本的な設定から具体的な運用に使える情報を集約した一冊。

ページ閲覧と導線を分析サイト内のアクションとユーザー状態を分析する、コンバージョンと購入を分析する、ユーザーを理解するための分析、流入元を分析するなど、9パターンのリサーチ方法を具体的に紹介されています。Web担当者はアナリティクスの見方ではなく『使い方』を学ぶべきだと思うので、こちらのような情報の解像度の高いものから、理解度を高めることをおすすめします。

ちなみに、先に紹介した『現場のプロがやさしく書いたWebサイトの分析・改善の教科書』と同じ著者です。

Amazonの紹介文

収益アップに繋がるデータの見方、分析の仕方、改善方法とは?という観点からGoogleアナリティクスを使う第一人者による、待望の増補改訂版。

【改訂版にあたり】
分析事例を中心にページ数も大増量、業種別のイベントやカスタムディメンションの設定例も業種を増やし、既存の事例も最新化して見直しました。
画面のレイアウト、Google アナリティクス/Googleタグマネージャーの設定回りに関しても、全て2020年6月の最新の状態にアップデート。
ウェブサイト内の知りたい部分、行った施策の評価等、どのように分析して、改善施策に活かせばよいのかの具体例の豊富さが特徴です。
「やりたい」「知りたい」ことから引ける目的別インデックス付き。

【あらゆるサイト運営者必読】
・データ分析からどのような「気付き」が得られるのか?
・また、得られた「気付き」をどのように改善施策に活かせばいいのか?
一見、簡単なようですが、実際にはなかなか難しいものです。なぜなら、万人にとっての正解があるわけではないからです。答えは自社サイトの運営者が自分で見つけていくしかありません。
そこで本書では、著者がこれまでコンサルタントの立場から見てきた豊富な事例の中から、特に参考になるものを徹底的に取り上ます。そして、どのようなサイトでどのような気付きが得られるのか? また、得られた気付きからサイトの特徴ごとに、どのような改善への考え方が見いだせるのか――を、Googleアナリティクスを利用して「とことん深掘り」していきます。

【特徴】
・ユーザーの特徴を知るためのセグメントやディメンションの活用法
・メルマガ、Social、Directといった流入元ごとの特徴と分析
・新規とリピートの特徴や傾向を把握して改善に活かす
・ランディングページへの流入と離脱の特徴を把握する
・コンバージョンへ至るまでの流入・回遊・導線を把握する
・コンテンツ分析ための「集客力」「閲覧力」「誘導力」「成果力」
・「やりたい」「知りたい」ことから引ける目的別インデックス付き
……など、Googleアナリティクスを活用する上で、誰もが知りたいことをとことん解説します。 その他、巻末には「Google アナリティクスの初期設定と基本操作」「Google タグマネージャーの使い方」「アクセス解析用語集」を収録。初心者の方でも安心してお読みいただけます。 本書を通して、自分ひとりではなかなか気付けない、サイト分析・改善のための「考え方」や「アプローチ」をぜひ学んでみてください!
企業のWeb担当者、ECサイト店長、Webメディア運営者、ブロガーなど、あらゆるサイト運営者に役立つ情報が満載です!

良いウェブサービスを支える利用規約の作り方 改訂新版の画像

【改訂新版】 良いウェブサービスを支える利用規約の作り方

技術評論社

おざなりにしがちな利用規約にしっかり向き合いたい人にはこちらをおすすめ。解像度の高い説明や事例が分かりやすい。プライバシーポリシーや特定商取引法に基づく表示も触れられていて、ECサイトを制作している方やWeb担当者は一読しておきたい一冊です。

ちなみに、2013年に発売されたものの改訂版です。法改正に対応された内容なので、改訂前のもののアップデートとして私も購入しました。
「毎回専門家に依頼するから…」という人もいますが知識まったく無しの状態は色々と怖いので、必要最低限の知識だけは入れておいた方が良いと思います。

Amazonの紹介文

好評を博した本書が大幅リニューアル!
「安全」で「円滑」なウェブサービス運営のためのガイドブック。

ウェブサービスに欠かせない「利用規約」「プライバシーポリシー」「特定商取引法に基づく表示」の3大ドキュメント。
リリース時には「どうせ誰も読んでないし」「大手サイトをまるごとパクろう」「免責しておけばいいや」……などと思っていませんか?
いえいえ、規約の中身はサービスそのもの。作りこめば作りこむほど、あなたのサービスやアプリの質は高まるのです。

2013年発売以来、好評を博した本書が大幅リニューアル。民法・個人情報保護法などの法改正対応、
新たなCtoCサービスにおける決済の解説etc., 最新動向をふまえてアップデート。
改良版ひな形と英文訳の掲載、さらにダウンロードサービスまで「役立つ」「使える」大充実の1冊です。

改訂のポイント
◉民法や個人情報保護法といった初版の出版後に行われたウェブサービスに関する法改正への対応
◉CtoCサービスにおいて決済サービスを提供する際の注意点
◉昨今の動向に合わせた利用規約・プライバシーポリシー・特定商取引法に基づく表示のひな形の修正
◉利用規約・プライバシーポリシーのひな形英文訳のブラッシュアップ

良いウェブサービスを支える利用規約の作り方 改訂新版の画像

【改訂新版】 良いウェブサービスを支える利用規約の作り方

出版社:技術評論社 改訂新版
単行本(ソフトカバー):256ページ
Webサイト・リニューアル 見た目だけ変えたにしない成功の手引きの画像

Webサイト・リニューアル 「見た目だけ変えた」にしない成功の手引き

エムディエヌコーポレーション

Webサイトのリニューアルに特化した一冊。
検討から準備、設計、公開の4フェーズに分け、リニューアル検討の段階から詳細に解説されています。

リニューアルの要望は頂きますが不要なケースもあるので、こちらで一通りのプロセスを学び要不要の判断軸を見出すと良いと思います。

Amazonの紹介文

既存サイトのリニューアル、成否のカギは準備8割、実施2割。

「見た目も古くなってきたから、とりあえずリニューアルしてみる? 」伸び悩むサイトやサービスにありがちな「とりあえず」「なんとなく」のリニューアルは、費用や時間をかけた結果、成否が曖昧なまま終わることが多いでしょう。

本書は、WebサイトやWebサービスのリニューアル・プロジェクトを手がける担当者に向けたものです。リニューアルを成功させるための考え方・進め方を、発注側(クライアント)と受注側(制作会社やベンダー)、両方の視点から解説しています。

現状の分析に始まる検討段階から、課題の洗い出しや要件を固める準備段階、実際に構築して公開するまでをカバーしており、なかでも検討フェーズと準備フェーズに多くの紙幅を割きました。
実施前の「準備」にこそ、成否のカギがあるからです。

リニューアルは積み上がった課題を、なかったことにする「魔法の杖」ではありません。
本書で解説している一つ一つのプロセスを、基本に忠実に「積み重ねていくこと」が「本質的な課題」の解決につながるはずです。
サイトやサービスの運営に携わるみなさんは、ぜひ本書で解説している内容を実際に試してみてください!

〈こんな方にオススメ〉
・リニューアル・プロジェクトにかかわっている方
・サイトやサービスの数字が伸びずに悩んでいる方
・社内外での合意形成やコミュニケーションが上手くいかない方

〈本書の特長〉
・発注側と受注側、両方の視点を知ることができます。
・多くのリニューアル・プロジェクトを手がけた著者が執筆しています。
・プロジェクトのフローに沿った基本に忠実な構成になっています。

Webサイト・リニューアル 見た目だけ変えたにしない成功の手引きの画像

Webサイト・リニューアル 「見た目だけ変えた」にしない成功の手引き

出版社:エムディエヌコーポレーション
単行本(ソフトカバー):168ページ
コンバージョンを上げるWebデザイン改善集の画像

コンバージョンを上げるWebデザイン改善集

マイナビ出版

コンバージョンアップという実践的なスキルを学びたいならこちら。課題から仮説を出し、改善へのプロセスを分かりやすく解説されています。現場でおこなわれている改善の実例を図解で紹介されているのは嬉しい。Web担当者なりたての人にピッタリの一冊だと思います。

Amazonの紹介文

Webサイトを改善する次の一手を打ち続けるために
本書は、Webサイトのデザインを改善するために役立つ実際の改善事例やTipsなど、絶えずWebサイトを改善し続けるためのヒントを詰め込みました。

多くのウェブサイトを改善してきた著者たちが、実際のデザイン事例 Before&After、汎用的に使える改善Tipsやコンバージョンに貢献しやすい施策を解説しています。サイトの種類が異なっても再現できるようにポイントを解説するだけでなく、次の一手のアイデア集として長く活用していだけるように、汎用的な内容を数多く紹介しています。 最後の章ではプロが現場で行う改善のプロセスを解説し、次の一手を打ち続けていくために必要な考え方についてまとめてあります。

コンバージョンを上げるWebデザイン改善集の画像

コンバージョンを上げるWebデザイン改善集

出版社:マイナビ出版 (2020/6/29)
単行本(ソフトカバー) :224ページ

人気記事

  1. 【保存版】CSSのみのボタンデザイン!私が現場で使ってきたボタンアイデア30選の画像

    【保存版】CSSのみのボタンデザイン – 私が現場で使ってきたボタンアイデア30選

  2. 無料でアイコンやイラストを配布している8つのサイトの画像

    無料でアイコンやイラストを配布している8つのサイト

  3. 現場で使えるFlexboxレイアウト12選。実際に使ってきたレイアウトを紹介しますの画像

    現場で使えるFlexboxレイアウト12選。実際に使ってきたレイアウトを紹介します

  4. Web制作が捗るChrome拡張機能12選の画像

    Web制作が捗るChrome拡張機能12選 – おすすめの拡張機能を集めてみた

  5. CSS見出しデザイン21スタイル - シンプルな見出しデザインをご紹介の画像

    CSS見出しデザイン21選。現場ですぐ使える見出しデザインをご紹介