IE終了後にWeb制作の現場で使えるHTML&CSSコード14選!おさえておきたいコードを集めてみた

更新日 : 2021.05.21

IE終了後に即戦力なHTML&CSSコード14選の画像
Share
129
36
139

マイクロソフトから正式にInternet Explorer 11 デスクトップアプリケーションのサポートを終了する発表がありました。期限は2022年6月15日です。Webサイト制作者としては歓喜の出来事ですね。

ただ、IEを気にしなくてもいいという事は、IE対応をしてきたコードの見直しも必要となります。そこで今回は、IE未対応で泣く泣くスルーしてきた即戦力なHTMLやCSSコードを14個紹介します。2022年6月以降のために今から知識を蓄えておいてはいかがでしょうか。

ちなみに、『Windows10 LTSC』や『Windows Server上のInternet Explorer11 デスクトップアプリケーション』といった一部のIE11には影響はないとの事ですが、一般ユーザーが利用する『Windows10のInternet Explorer』はサポート対象外となりますので、これはIE終了といって問題はないと思います。本記事を気兼ねなくご覧ください。

背景を消すCSSコード

See the Pen
jpg-LOGO mix-blend-mode multiply
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

ロゴに白背景色がついていてもCSSで非表示にすることができるmix-blend-mode: multiply。画像に1行記述するだけで白背景を透過させることができます。

logo
ロゴ背景透過なし
logo
ロゴ背景透過あり
<div class="blend">
  <img src="logo.jpg" alt="logo">
</div>
.blend {
  display: grid;
  place-items: center;
  background: url(pic.jpg) no-repeat center/cover;
}

.blend img {
  mix-blend-mode: multiply;
  max-width: 300px;
  height: auto;
}

CSSのみで被写体だけに影をつける

See the Pen
PopbgLx
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

背景が透過したPNG画像の被写体をターゲットにして影を落とすことができます。

img {
  filter: drop-shadow(10px 10px 0 #c3a400);
}

影までを画像としてデザインすることが多いと思いますが、CSSで実装すると新たな表現ができると思うので知識としてストックしておくことをおすすめします。

画像のWebP対応

WebP(ウェッピー)は、ファイルサイズが非可逆圧縮モードでjpgと比較して25〜34%、可逆圧縮モードでPNGと比較して28%ほど小さくなる画像形式。詳細は別記事で紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

IEがなくなってもSafariはBig Sur以降でないと対応していない(前バージョンは未対応)なので、今のところコードは<picture>で出し分けした方がいいと思います。

<picture>
  <source type=“image/webp” srcset=“image.webp”>
  <img src=“image.png”>
</picture>

画像のアスペクト比を維持したまま拡大縮小させる

画像のアスペクト比を維持したまま拡大縮小させるの画像

object-fit: coverを使うと、画像のアスペクト比(縦横比率)を維持した状態で拡大縮小することができます。

img {
	display: block;
	width: 100%;
	height: 300px;
	object-fit: cover;
}

写真フィルターを実装する

See the Pen
Image filter backdrop-filter
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

backdrop-filterを使って写真にさまざまなフィルターを実装することができます。こちらはIEだけでなくFirefoxも未対応なのでPolyfillの対応が必要です。

ぼかし

写真用フィルターの画像
h3 {
  background-color: rgba(255 255 255 / .2);
  backdrop-filter: blur(10px);
  -webkit-backdrop-filter: blur(10px);
}

グレースケール

写真用フィルターの画像
h3 {
  backdrop-filter: grayscale(100%);
  -webkit-backdrop-filter: grayscale(100%);
}

セピア

写真用フィルターの画像
h3 {
  backdrop-filter: sepia(100%);
  -webkit-backdrop-filter: sepia(100%);
}

輝度

写真用フィルターの画像
h3 {
  backdrop-filter: brightness(160%);
  -webkit-backdrop-filter: brightness(160%);
}

コントラスト

写真用フィルターの画像
h3 {
  backdrop-filter: contrast(230%);
  -webkit-backdrop-filter: contrast(230%);
}

反転

写真用フィルターの画像
h3 {
  backdrop-filter: invert(70%);
  -webkit-backdrop-filter: invert(70%);
}

まとめて複数の値を設定できます

写真用フィルターの画像
h3 {
  color: #111;
  backdrop-filter: sepia(70%) contrast(230%) blur(5px);
  -webkit-backdrop-filter: sepia(70%) contrast(230%) blur(5px);
}

CSSだけで要素の形状を自由自在に変形させる

clip-pathを使うと要素の形状を自由に変形させることができます。

Clippyの説明gif動画
clip-pathを視覚的に設定できるWebツール「Clippy」

ClippyというWebツールを利用することでclip-pathのコードを簡単に取得することができます。

img {
	clip-path: polygon(50% 0%, 90% 20%, 100% 60%, 75% 100%, 25% 100%, 0% 60%, 10% 20%);
}
img {
	clip-path: polygon(0% 20%, 60% 20%, 60% 0%, 100% 50%, 60% 100%, 60% 80%, 0% 80%);
}

CSSだけで実装するカルーセル

See the Pen
CSS Carousel
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

簡易カルーセルであればCSSのみで実装可能です。

.wrap {
	scroll-snap-type: x mandatory;
	white-space: nowrap;
	overflow-x: auto;
}

.item {
	scroll-snap-align: center;
	display: inline-block;
	width: 40%;
	white-space: normal;
}

横にスライド、スナップポイントで止まるくらいの機能なので、もっと高機能なものが必要であればjavaScriptでの実装となります。簡易的なもので良い場合や予算が足りないという時に提案してみるといいと思います。

詳細は別記事にて紹介していますので、以下からご確認ください。

CSS2行だけでflexレイアウトを実装

See the Pen
eYvBaZg
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

flexboxの子要素(アイテム)毎の間のすき間をgapで指定することで余白をあけることができます。

marginを使った余白設定

これまではmarginを使って手間がかかったコーディングをしていました。

marginを使ったflexレイアウトだと手間がかかる画像
marginを使ったflexレイアウトだと手間がかかる
.wrap {
	display: flex;
	flex-wrap: wrap;
}

.item {
	width: calc((100% - 30px * 2) / 3);
}

.item:nth-child(n+4) {
	margin-top: 30px;
}

.item:not(:nth-child(3n+3)) {
	margin-right: 30px;
}

.item:nth-child(n+4)で4つ目の要素以降に、:not(:nth-child(3n+3))で3の倍数番目の要素を除いた設定をしなければいけませんでした。

gapを使った余白設定

gapを使うと要素間だけに余白を指定することができるので手間がかかりません。コードも短くなりますね。

gapを使ったflexレイアウトだと手間がかからない画像
gapを使ったflexレイアウトだと手間がかからない
.wrap {
  display: flex;
  flex-wrap: wrap;
  gap: 30px;
}

.item {
  width: calc((100% - 30px * 2) / 3);
}

gapは余白の間だけに指定されます。
width: calc((100% - 30px * 2) / 3);は100%(横幅全体)からgapで指定した余白30pxを2つ分(3列の場合)引いて、それを3で割る。これで余白を除いた子要素一つ分の横幅サイズを計算しています。

レスポンシブコーディングの場合だと追加のコードも必要となります。gapでの余白設定はだいぶ手間が省けるので助かりますね。

CSS2行だけで上下左右中央に配置

See the Pen
Grid centering
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

gridを使うと要素の上下左右中央配置のコードは2行だけです。

.center {
  display: grid;
  place-items: center;
}

親要素にdisplay: gridplace-items: centerを指定するだけで中央に配置されます。flexboxでは3行でしたので1行分のコードが省くことができます。

Gridレイアウト

See the Pen
yLMVWye
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

カードレイアウトはgridで実装するとコードの短縮化を図ることができます。

Gridレイアウトのレスポンシブ化
.wrap {
  display: grid;
  grid-template-columns: repeat(auto-fill, minmax(220px, 1fr));
  grid-gap: 20px;
}

.item {
  display: grid;
  grid-template-rows: max-content 150px 1fr;
  break-inside: avoid;
  padding: 30px 20px;
  background-color: #dddddd;
}

コードはこれだけで、メディアクエリ(@media not all and (min-width: 568px))は不要です。子要素(item)の最低横幅を220pxとして、それよりも狭くなる場合には列を減らしながら調整して自動でレイアウトしてくれます。

よくある質問をdetailsで実装

See the Pen
zYZoQVa
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

detailssummaryを使用するとよくある質問の実装ができます。javaScriptなしで実装可能です。

detailsタグのデモ
<details>
	<summary>よくある質問はdetailsタグで実装しています。ここをクリックすると回答文が表示されます。</summary>
	<div class="answer">
		<p>summaryタグをクリックするとここが表示されます。JavaScriptは不要です。作業量がかなり減るので提案しやすいですね。</p>
	</div>
</details>

追従する見出し

See the Pen
Heading Follow position sticky
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

position: stickyを使うことで見出しをセクション毎に追従させることができます。

position-stickyの説明動画

h2 {
  position: sticky;
  top: 0;
  padding: 30px 0;
  background-color: #fff;
}

position: stickyを指定した要素を包含するブロック要素や直近の要素を基準に追従してくれるようになります。top: 0で位置を指定しています。rightbottomleftで自由に配置することができます。

枠線を引いてすすっとズラしたテキストを実装する

See the Pen
LYWbKGo
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

text-strokeでテキストの縁を指定することができます。現状どのブラウザでもベンダープレフィックスが必要なので、-webkit-で記述します。

.stroke {
	-webkit-text-stroke: 2px #777;
	text-shadow: 3px 4px 0 #d8be39;
	color: rgba(0 0 0 / 0);
	font-size: 100px;
	font-weight: bold;
	text-align: center;
}

-webkit-text-stroke: 2px #777の線の太さと線の色を指定。これを分解すると以下のようになります。

-webkit-text-stroke-width: 2px;
-webkit-text-stroke-color: #777;

color: rgba(0 0 0 / 0)でテキストカラーを透明にし、text-shadow: 3px 4px 0 #d8be39で黄色のテキストを実装。本来テキストのように見える部分(黄色)をテキストシャドウで表現しています。

背景の写真をテキストのかたちでクリッピングする

See the Pen
Text background-clip
by Kobayashi (@Pulp_Kobayashi)
on CodePen.

background-clip: textは、Photoshopでよく使うクリッピングマスクをCSSのみで実装するコードです。Firefox以外はベンダープレフィックスが必要なので-webkit-も記述します。

.backgroundclip p {
  background-clip: text;
  -webkit-background-clip: text;
  background-image: url(pic.jpg);
  background-repeat: no-repeat;
  background-size: cover;
  color: rgba(0 0 0 / 0);
  font-size: 200px;
  font-weight: 700;
  text-transform: uppercase;
}

テキストの背景に写真を指定し、クリッピングの対象をbackground-clip: textとテキストにします。この状態でテキストカラーを透明color: rgba(0 0 0 / 0)にすることでテキスト表示範囲内が透明になり、背景の写真が表示されるようになります。

このデザインはフォントのサイズが大きく太いものを選んだ方がいいと思います。あと、背景の画像もカラフルなものにすると見た目よくなるのでおすすめです。


IE未対応で使えなかったコードはこの他にもたくさんありますので、今後もこのブログで紹介していきます。

人気記事

  1. 【保存版】CSSのみのボタンデザイン!私が現場で使ってきたボタンアイデア30選の画像

    【保存版】CSSのみのボタンデザイン – 私が現場で使ってきたボタンアイデア30選

  2. 無料でアイコンやイラストを配布している8つのサイトの画像

    【無料】良質なアイコン・イラスト配布サイト8選

  3. 現場で使えるFlexboxレイアウト12選。実際に使ってきたレイアウトを紹介しますの画像

    現場で使えるFlexboxレイアウト12選。実際に使ってきたレイアウトを紹介します

  4. CSS見出しデザイン21スタイル - シンプルな見出しデザインをご紹介の画像

    CSS見出しデザイン21選。現場ですぐ使える見出しデザインをご紹介

  5. ボタンやテキストリンク、hoverスタイルをCSSのみで19パターン実装するの画像

    CSSのみで実装するボタン、テキストリンク、hoverスタイル19選